尾山製材日記

富山県と新潟県の県境の朝日町で材木屋を営みながら、みつろうクリームなども製造しております。

木工用みつろうクリーム Q&A

木工用みつろうクリーム Q&A
 
イメージ 1


Q:木工用みつろうクリームの塗り方は難しくないの?
A:布や固めのスポンジがあれば手軽に塗れます。素手で使用される方も多く、塗布作業後は石鹸で手を洗っていただければOKです。

Q:塗布面積は?
A:木工用みつろうクリームの塗布面積は樹種によって違うのですが40g:2畳、200g:10畳を目安にしてください。2回目以降の重ね塗りされる場合は40g:4畳、200g:20畳を目安にしてください。

Q:床に塗っても滑りらないか?ベタベタしないか?
A:厚く塗ったり乾拭きしないとベタベタしたり滑ったりしますので、薄く塗り30分ほど置いてからしっかり乾拭きしていただければ滑ったりベタベタしません。

Q:耐久性・保存方法について?
A:耐久性は自然素材のみですので落ちやすいのも特徴であり、手軽に塗れますので木製品に愛情を込めて1年に1~2回は重ね塗りしてください。保存方法は、冷暗所(日光が当たらない湿度変化の少ない場所)で開封後2年を目安にお使いください。

Q:ウッドデッキや外壁の使用について?
A:自然素材のみの木工用みつろうクリームですので屋外でのウッドデッキや外壁には不向きです。柿渋や渋墨などと併用してお使いになれば多少の効果はありますが科学性塗料よりも定期的に塗り重ねのメンテナンスが必要となります。

Q:みつろうクリームで仕上げた床や木の玩具などを子供が口に入れても大丈夫か?
A:みつろうクリームを直接口に入れると問題はありますが、塗ってしっかりと乾拭きした木工品ですと問題ないです。
※木工品の状態やアレルギー体質な子供によっては問題はありますので一概には大丈夫だとも言い切れません。

Q:食器に使用できるか?
A:みつろうクリームを食器に使用することは可能ですが、耐久性はありません。こまめにメンテナンスをして頂くことで、深い艶と撥水性が得られます。
※塗布後は、しっかり乾拭きして、使用前は洗剤で洗ってからご使用ください。
 
 
みつろうクリームの塗り方のコツを動画にて紹介しています^^
 
自宅のトイレを改装しました。
そのトイレの20年以上使っているウレタン塗装のカウンターを
木工用みつろうクリーム【蜜蝋ワックス】で塗った様子を動画にしました。